<< 売上割引(売上対価の返還) | main | 会費の取り扱い >>

貸倒損失の取り扱い

6

 似顔絵

こんにちは、税理士の中東(なかひがし)です。

今日は「貸倒損失の取り扱い」についてご説明します。


解説

 課税資産の譲渡等に係る売掛金等が、税務上、貸倒れとなった場合には、その貸倒れとなった日の属する課税期間の課税標準額に対する消費税額から、その貸倒れに係る消費税額を控除することができます。
            
 過去に消費税を納めた売上について、その代金が貸倒れになったわけですから、その分の消費税はしっかり回収したいところです。
            
 ただし、その売掛金に係る売上が免税事業者であった期間のものである場合には、そもそも消費税自体を納めていませんので、貸倒れとなっても控除することはできませんので、ご注意ください。
            
ポイント

1)課税売上に係る債権が対象となります。貸付金については対象となりません。
            
2)他社から取得した売掛債権が貸倒れたらどうなるか?⇒この場合も控除することはできません。



東京・大阪で独立開業・新設法人の会計、税務、労務の強 い味方
なかひがし会計事務所 
代表税理士 中東  久美子
http://www.nakahigashi.jp/

東京の南青山で毎月第2・第4木曜日に
起業家の ための融資セミナー」開催中!
〜公的資金を活用し て起業に成功する方法〜

少人数制のセミナーですので、参加希望の方は
お早めにお申し込み下さい。

なかひがし会計事務所・問い合わせ 

JUGEMテーマ:創業融資
posted by: 中東 久美子 | 【節税】消費税等 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。