<< 保証金の返還不要部分 | main | 税込経理と税抜経理 >>

住宅用途契約の事務所

8
 似顔絵

こんにちは、税理士の中東(なかひがし)です。
 
今日は「住宅用途契約の事務所」についてご説明します。



解説

 少数精鋭で起業するようなケースでは、ワンルームマンション等も含めて事務所物件を探すようなケースもあるかと思います。
 本来、住宅として賃貸募集しているような物件を、事務所使用目的で借りる場合、とりあえず住宅用ということで契約を交わし、実際は事務所として利用する会社もあるようです。
            
 この場合、消費税の点で少々問題があります。
 住宅の貸付は消費税の非課税取引となります。つまり借り手からしますと住宅の賃借料は消費税の課税仕入として控除できないのです。
            
 この「住宅」かどうかの判定で、以下のような問題が生じます。
            
ポイント

1)当事者間で住宅使用目的で契約し、賃借人が承諾なしに事務所使用した場合、契約を変更しない限り「住宅の貸付」として扱われます。
2)事務所使用を当事者間で了解している場合で、単に契約書上で「住宅用」となっているものは「事務所の貸付」と認められるようです。
3)事務所使用である以上、ちっきり「課税仕入れ」としたいところです。
            
注意点

 契約の際、事務所使用の許可をもらったうえで、契約上も「事務所」として賃借すれば誤解の生じないところです。
            
 書面であきらかにせず、賃貸人と賃借人とで課税・非課税の処理が異なると、トラブルの原因になりかねません。(ただし、会社が免税もしくは簡易課税の場合は、会社側に問題は生じません)



東京・大阪で独立開業・新設法人の会計、税務、労務の強い味方
なかひがし会計事務所 
代表税理士 中東 久美子
http://www.nakahigashi.jp/

東京の南青山で毎月第2・第4木曜日に
起業家のための融資セミナー」開催中!
〜公的資金を活用して起業に成功する方法〜

少人数制のセミナーですので、参加希望の方は
お早めにお申し込み下さい。

なかひがし会計事務所・問い合わせ 

JUGEMテーマ:創業融資
posted by: 中東 久美子 | 【節税】消費税等 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
コメント
 









トラックバック
 
トラックバック機能は終了しました。