<< 設備投資と決算期変更 | main | 一括償却資産 >>

30万円未満の少額資産

0
     
    似顔絵


    こんにちは、税理士の中東(なかひがし)です。
     
    今日は「30万円未満の少額資産」についてご説明します。

    解説

     取得価額が10万円未満または使用可能期間が1年未満の減価償却資産は、事業供用年度に一時に損金算入が可能です。
                
     資本金が1億円以下の青色申告法人については、これとは別に取得価額が30万円未満の減価償却資産について、一時に損金算入する措置がもうけられています。
                
    対象となる資産

    1)建物、車両、器具備品、機械装置などの有形減価償却資産
    2)ソフトウェア、特許権、商標権等の無形減価償却資産
     ※減価償却資産でないもの、繰延資産は対象外です。
     
    注意点

    1)租税特別措置法上の他の特例を受ける資産、一括償却資産の特例を適用した資産は除かれます。
     
    2)この規定により一時に損金算入しても、償却資産税の対象になります。
                
    3)平成18年4月1日以降に取得した資産については、取得価額の合計額が300万円(事業年度が1年に満たない場合には25万円に事業年度の月数を乗じた金額。以下同じ。)を超えるときは、その取得価額の合計額のうち300万円に達するまでの少額減価償却資産の取得価額の合計額が限度となります。


    東京・大阪で独立開業・新設法人の会計、税務、労務の強い味方
    なかひがし会計事務所 
    代表税理士 中東 久美子
    http://www.nakahigashi.jp/

    東京の南青山で毎月第2・第4木曜日に
    起業家のための融資セミナー」開催中!
    〜公的資金を活用して起業に成功する方法〜

    少人数制のセミナーですので、参加希望の方は
    お早めにお申し込み下さい。

    なかひがし会計事務所・問い合わせ 

    JUGEMテーマ:創業融資
    posted by: 中東 久美子 | 【節税】法人税等 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    トラックバック機能は終了しました。