<< 一括償却資産 | main | 固定資産の除却 >>

保証金の返還不要部分

0
     似顔絵

    こんにちは、税理士の中東(なかひがし)です。
     
    今日は「保証金の返還不要部分」についてご説明します。

     
    解説

     事務所や店舗などを借りる際、契約時に賃料の数ヶ月分の保証金(敷金)を預け入れることになります。契約の内容はさまざまですが、退去時に保証金の一部を償却(返還しない)するという内容の契約が多いものと思われます。
                
     この将来返還されずに償却されてしまう部分は、税務上「繰延資産」に該当し、一定の期間内で償却し損金算入することができるのです。
                
    ポイント

    1)更新時に更新料を支払う契約の場合、契約期間が償却期間となります。
    2)上記以外の場合には、原則として償却期間は5年となります。
    3)礼金等も含め「繰延資産」にあたる支出が20万円未満の場合、一時に損金算入可能です。
     
    注意点

    1)更新の際に支払う更新料も「繰延資産」となります。
     
    2)償却期間前に契約解除した場合、その時点の帳簿価額を損失計上できます。(契約が継続している場合は、未償却残額があっても、償却期間どおりに償却していく必要があります。)
     
    3)返還される部分は、返還時まで資産計上することになります。


    東京・大阪で独立開業・新設法人の会計、税務、労務の強い味方
    なかひがし会計事務所 
    代表税理士 中東 久美子
    http://www.nakahigashi.jp/

    東京の南青山で毎月第2・第4木曜日に
    起業家のための融資セミナー」開催中!
    〜公的資金を活用して起業に成功する方法〜

    少人数制のセミナーですので、参加希望の方は
    お早めにお申し込み下さい。

    なかひがし会計事務所・問い合わせ 

    JUGEMテーマ:創業融資
    posted by: 中東 久美子 | 【節税】法人税等 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    トラックバック機能は終了しました。