<< 保証金の返還不要部分 | main | 取得価額に算入しなくてよい費用 >>

固定資産の除却

0
     似顔絵




    こんにちは、税理士の中東(なかひがし)です。
     
    今日は「固定資産の除却」についてご説明します。

    解説

     固定資産が滅失した場合、除却、譲渡等した場合、その時点の帳簿価額を損金に算入することになります。
                
     譲渡した場合は明確ですが、すでに存在しない固定資産が帳簿にいつまでも計上されているようなケースは意外に多いのではないでしょうか。
                
     固定資産の管理をきちんとし、毎決算時に固定資産台帳等を確認し、すでに存在しない資産がないかどうかを確認し、損金計上できるものは漏れなく処理したいものです。
                
    ポイント

    1)償却が終っている資産などは見落としやすい。
                
    2)ソフトウェアなどの無形固定資産なども、台帳等を整備して管理する。
                
    3)繰延資産も見逃しやすい。対象資産、契約等が存在しているか確認。
                
    4)償却資産税のムダ払いも解消されます。
                
    5)存在するが実質使用不能なものは「有姿除却」が可能です。帳簿価額から処分(売却)見積額を差し引いた額を損金算入できます。


    東京・大阪で独立開業・新設法人の会計、税務、労務の強い味方
    なかひがし会計事務所 
    代表税理士 中東 久美子
    http://www.nakahigashi.jp/

    東京の南青山で毎月第2・第4木曜日に
    起業家のための融資セミナー」開催中!
    〜公的資金を活用して起業に成功する方法〜

    少人数制のセミナーですので、参加希望の方は
    お早めにお申し込み下さい。

    なかひがし会計事務所・問い合わせ 

    JUGEMテーマ:創業融資
    posted by: 中東 久美子 | 【節税】法人税等 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    トラックバック機能は終了しました。