<< 固定資産の除却 | main | 減価償却費の調整 >>

取得価額に算入しなくてよい費用

0
     似顔絵




    こんにちは、税理士の中東(なかひがし)です。
     
    今日は「取得価額に算入しなくてよい費用」についてご説明します。


    解説

     購入した固定資産の取得価額は、1)購入対価(引取運賃、荷役費、購入手数料、仲介手数料、関税その他購入のために要する費用を含む)と 2)その資産を事業の用に供するために直接支出した費用の合計となります。
                
     取得に関連して支出する費用でも、取得価額に含めず一時に損金算入が認められるものもあります。
     この区分けを適正に行い、経費処理できるものは漏れなく損金算入したいものです。
                
    取得価額に算入しなくてもよい費用

    1)不動産取得税、自動車取得税
    2)登録免許税その他登記または登録のために要する費用
    3)建物の建設等のために実施した調査、測量、設計、基礎工事等で、建設計画変更により不要となったもの
    4)固定資産の売買契約を解除して、他の固定資産を取得した場合の、当初契約の違約金
    5)特別土地保有税のうち土地の取得に対して課されるもの
                
    注意点

     土地や建物の売買の際、固定資産税の日割精算をする場合があります
    が、この未経過固定資産税は取得価額に含める必要があります。


    東京・大阪で独立開業・新設法人の会計、税務、労務の強い味方
    なかひがし会計事務所 
    代表税理士 中東 久美子
    http://www.nakahigashi.jp/

    東京の南青山で毎月第2・第4木曜日に
    起業家のための融資セミナー」開催中!
    〜公的資金を活用して起業に成功する方法〜

    少人数制のセミナーですので、参加希望の方は
    お早めにお申し込み下さい。

    なかひがし会計事務所・問い合わせ 

    JUGEMテーマ:創業融資
    posted by: 中東 久美子 | 【節税】法人税等 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    トラックバック機能は終了しました。