<< 取得価額に算入しなくてよい費用 | main | 割賦購入資産の利息 >>

減価償却費の調整

0
     似顔絵



    こんにちは、税理士の中東(なかひがし)です。
     
    今日は「減価償却費の調整」についてご説明します。


    解説

     建物や設備、車両、機械、備品およびソフトウェアなどの減価償却資産、税法上の繰延資産などは、各々の資産について定められた償却期間で、減価償却により順じ損金算入されていきます。
                
     法人税法上は「法人が損金経理した金額のうち、償却限度額に達するまでの金額」を毎期の損金算入額として認めています。
     つまり言い方をかえると、償却限度額以内であれば、損金に算入する金額を会社の任意で決めることができるのです。
                
     ※減価償却を実施しないことは、一般に公正妥当な会計処理としては不適切です。上記は、税法主体での解説であり、当然に公開企業等には当てはまりません。また、償却を実施しないことを推奨するものでもありません。
                
    ポイント

    1)大幅な赤字の場合、減価償却すべきかどうか慎重に検討する
    2)欠損金の繰越控除の適用も視野に入れて、償却の計画を立て
    3)赤字の場合、随時償却可能な創立費等は償却を見送っても良し
    4)3年均等の一括償却資産も、償却するしないは任意
                
    注意点

     償却が進んでいない資産は、売却したときに大きな損失が発生しますので、売却のときに財務内容に与える影響も考えます。


    東京・大阪で独立開業・新設法人の会計、税務、労務の強い味方
    なかひがし会計事務所 
    代表税理士 中東 久美子
    http://www.nakahigashi.jp/

    東京の南青山で毎月第2・第4木曜日に
    起業家のための融資セミナー」開催中!
    〜公的資金を活用して起業に成功する方法〜

    少人数制のセミナーですので、参加希望の方は
    お早めにお申し込み下さい。

    なかひがし会計事務所・問い合わせ 

    JUGEMテーマ:創業融資
    posted by: 中東 久美子 | 【節税】法人税等 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    トラックバック機能は終了しました。