<< 消費税の未払計上 | main | 使える! コミュニケーションスキル 〜講師編〜 1 >>

決算賞与の検討

0

     似顔絵

    こんにちは、税理士の中東(なかひがし)です。
     
    今日は「決算賞与の検討」についてご説明します。


    解説

     従業員への賞与は、原則として支給日の属する事業年度にて経費処理することになりますが、一定の要件を満たすものについては、決算日までに未払いのものであっても、未払計上することができます。
                
    ポイント

    <未払計上が認められるための要件>
    1)決算日までに決算賞与の支給額を各人別にすべての受給者に通知していること
    2)決算日後1月以内に受給者全員に支払っていること
    3)決算で未払計上をしていること
                
    注意点

    1)支給日に在職する従業員のみを対象とするような場合、上記2の1)の要件が満たされないとして、支給額全体について未払計上が認められなくなります
                
    2)支払通知書を各従業員に交付し、各人から確認印を受領するなどして、通知の履歴を後日証明できるような措置をとっておくことが望まれます

    posted by: 中東 久美子 | 【節税】法人税等 | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    トラックバック機能は終了しました。