<< 年末調整とは何ですか? | main | 税金計算の仕組みはどうなっているの? >>

年末調整は誰でもやってもらえるの?

0

     似顔絵

    こんにちは、税理士の中東(なかひがし)です。

    今月は「年末調整」についてご説明します。

     年末調整の対象となる人は基本的に雇用主から給与をもらっている人で、下の図に示す人たちを指します。もちろん、このなかには事業専従者も含まれています。

     ただし、「給与所得者の扶養控除等申告書」を年末調整を行う日までに雇用主へ提出していなければ、年末調整を受けることはできません。

     また、年末調整は通常年末に行いますが、年末調整の対象者によっては年の途中に行う場合があります。

     その対象者とは、死亡などの理由で退職をした人、1年以上の予定で海外の支店などへ転勤をした人、などです。いずれもその理由が発生したときに年末調整を行うことになっています。

    年末調整の対象となる人
       
    1年間勤務している人   途中入社で年末まで
    勤務している人
         
    退職者のうち、
    一定の要件の人
      非居住者となった人


     いわゆるサラリーマンといわれる人で一見年末調整の対象となりそうな人であっても、下の図に示すような人については、年末調整の対象とはなりません。

     なお、これらの人たちは年末調整をしませんので、必ず自分で確定申告をする必要があります。

    年末調整の対象とならない人
       
    給与収入が2000万円を超える人   災害減免法により
    徴収猶予を受けている人
         
    2か所給与の人で、
    扶養控除申告書を提出していない人
     


    posted by: 中東 久美子 | 【年末調整】基礎知識 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    トラックバック機能は終了しました。