<< 年末調整は誰でもやってもらえるの? | main | どのような段取りですすめればいいの? >>

税金計算の仕組みはどうなっているの?

0

     似顔絵

    こんにちは、税理士の中東(なかひがし)です。

    今月は「年末調整」についてご説明します。


    年末調整の流れを説明する前に、基本的な所得税の計算方法についてお話しましょう。

     所得税は個人の儲け(所得)に対してかかる税金であり、現在10種類の所得に分類されています。例えば、株式などの配当金は配当所得、不動産の賃貸収入は不動産所得、給料賞与によるものは給与所得、などです。

     これら所得を分類し計算した金額から所得控除を差し引きます。

     所得控除とは、個人的な事情を考慮するための控除項目です。たとえば妻や子がいれば配偶者控除や扶養控除として、生命保険料を支払っていれば生命保険料控除として、それぞれ所得から控除することができます。このような所得控除は全部で14種類あります。

     所得控除を差し引いた後は、税金の計算をします。

     まず、所得控除を差し引いた残額に一定の税率を乗じて所得税を計算します。その後、所得税から税額控除を差し引きます。税額控除とは、たとえば住宅借入金等特別控除です。

     そうして、その人が本来納付すべき所得税額が決定します。



         
    ・・・  給与所得=給与収入ー給与所得控除など、10種類
         
    ・・・  基礎控除、配偶者控除、扶養控除、社会保険料控除、生命保険料控除 など
         
    ・・・  (所得合計−所得控除)×税率
         
    ・・・ 住宅借入金等特別控除 など
         
     
    確定申告でしか出来ない控除もある!
    医療費控除、雑損控除、住宅借入金等特別控除の1回目など
     



    posted by: 中東 久美子 | 【年末調整】基礎知識 | 09:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    トラックバック機能は終了しました。