<< 脂肪税とは?Byデンマーク | main |

確定申告「20万円ルール」の真相

0

     似顔絵



    こんにちは、税理士の中東です。


    いよいよ確定申告のシーズン突入ですね。

    さてこの時期、
    「(雑所得などが)20万円以下だったら申告しなくっていいんだよ」
    ってセリフ、いろんなところでよく聞きませんか?

    今日はこの「20万円ルール」の真相に迫ります。



    ■ 「確定申告をしなくてはいけない人」は、原則は次のように決まっています。


    各種の所得金額の合計額 (譲渡所得や山林所得を含む。) から、所得控除を差し引き、その金額 (課税される所得金額)に税率を乗じて計算した税額から配当控除額を差し引いた結果、残額のある人などなど(他にもありますが、基本的なところで、ということで)。

    簡単に言うと、配当控除額を引いたところまでで税額が発生する人は、確定申告をしなければならないことになります。

    ただし、少額不追求・事務処理簡便化という趣旨から、サラリーマン(給与所得者)の場合には「確定申告が必要な人」について、原則によらず、例外が定められています。

    ・給与を1か所から受けていて、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)の合計額が20万円以下の人

    ・給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が20万円以下の人

    こういった人は、確定申告の必要はなし。

    つまり、サラリーマンで年末調整をした人であれば、その年末調整を受けた給与以外にほかに所得があっても、その他の所得等が年間20万円以下であれば、確定申告はしなくていいですよ、ということ。これがちまたで言われる「20万円ルール」の真相です。


    ■ 注意その1・「20万円ルール」は年末調整したサラリーマンのみ!

    気をつけたいのは、「20万円ルール」は「年末調整したサラリーマン」のみに許されている確定申告不要規定だということです。

    つまり、原則に基づいて確定申告しなくてはならない人は、主たる所得以外の所得の額がどんなに少額であろうと、極端なことをいうと1円でもあれば、その所得は必ず申告しなければなりません(預金の利子のように源泉分離課税で課税が完結しているものは除きます)。

    たとえば不動産所得者で、数万円の雑所得(原稿料等)がある方がいたとします。「あ、20万円以下だから、これは申告しなくても大丈夫」と思ったら、それは間違いというわけです。

    ご注意を!


    ■ 注意その2・サラリーマンでも確定申告するならば…

    あと、サラリーマンでも「20万円ルール」が使えない場合があります。

    まず、給与の年間収入金額が2,000万円を超えているため年末調整をしていない人は、確定申告の必要があります。そして確定申告するならば、給与以外の他の所得の額がわずかであっても、その所得を申告しなくてはなりません。

    また年末調整したサラリーマンであっても、医療費控除を受けたり他の税制優遇措置を受けるために確定申告をする場合は、他の所得等が20万円以下であっても、あわせて申告をしなくてはなりません。


    ■ 注意その3・同族会社の役員さんなども…

    あと、同族会社の役員やその親族などで、その同族会社から給与のほかに、貸付金の利子や資産の賃貸料などの収入を得ている場合には、その同族会社からの収入については「20万円以下ルール」の対象外となり、金額がわずかであっても申告しなくてはなりません。


    ■ まとめ

    「20万円以下申告不要ルール」というのは年末調整をしたサラリーマンについて認められている規定であり、確定申告をする場合には、サラリーマンであってもその例外ルールは適用されない。

    おおざっぱですが、こうおさえておくといいと思います。


    ■ ところが住民税は…

    20万円ルールは所得税の規定なので、住民税にはこういった少額不追求のルールはありません。所得税で申告不要とした所得についても、住民税の申告は別途行うようにしなくてなりません。最近は自治体(市町村)も税収確保に躍起になってますので、チェックが厳しくなっていますので、申告漏れがないよう注意したいところです。



    φ(..)追記

    あと、年金所得者にも「20万円ルール」はあります。
    公的年金等の収入金額の合計額が400万円以下で、それ以外の所得金額が20万円以下である場合には、所得税の確定申告をする必要はありません。ちょうど昨年の申告(平成23年分)から変わりました。

    でも、これも同じように、所得税で申告不要でも、住民税の申告はしなくてはなりません。


    posted by: 中東 久美子 | - | 09:33 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
     









    トラックバック
     
    http://blog.nakahigashi.jp/trackback/74